税理士のお仕事事情

税理士のお仕事事情

税理士の仕事とそのなり方について

税理士というのは、どのような職業なのでしょうか。
ごく簡単に言ってしまえば、広く税務を扱う仕事です。
顧客の依頼に応じて、税務署への申告や苦情申し立てを行う、そのための書類を作る、そして、税務相談に携わるの3つが主な仕事であると考えていいでしょう。
税理士になるには、国家試験に合格する必要があります。
この試験は毎年8月に行われ、高等教育段階で法律または経済を学んだ人、簿記検定の有資格者、そして、一定期間会計関連の業務経験がある人に、受験資格が与えられます。
科目には選択科目、選択必修科目、必修科目の3つがあり、このうちの5科目に合格しなければなりません。
ただし科目合格制といって、一旦合格した科目は、税理士となるまでずっと合格扱いにされますので、仕事をしながら毎年1科目ずつ合格をめざし、何年かかけて資格を取る人もいます。
試験から4か月後の12月に合格発表が行われ、その後の研修を終えると晴れて税理士となります。
個人で開業したり、あるいはそのための下積みとして、他の事務所で何年間かアシスタント業務に携わる人もいます。
また最近では法人組織を作ったり、資格を活かして、民間企業や公的機関の税務関係の部署で仕事をする人も増えています。

税理士になるための簡単な方法

税理士は国家資格の中でも難易度が高めのものです。
前提条件を満たさなければならず、その条件も日本商工会議所簿記検定1級の合格など、かなり難易度が上がります。
しかも日本国内では少子化と高齢化により人口減少が始まっていますから、税理士になったとしても食べていくことが出来るほどの収入にすぐにつながるとは限りません。
ところが、この税理士は、試験に合格をしなくても取得出来る方法があります。
税務の仕事を相当年数こなしてさらに決められた研修を受講すれば、受験科目の免除となって取得出来るのです。
すなわち、国家公務員や地方公務員として税務の仕事を行っていけば、長年の勤務により税理士資格の取得が出来ます。
仕事をしながらいつの間にか取得をしていたということですから、これが一番簡単な取得方法になります。
しかも勉強自体が仕事の関係であり、嫌でも学ばなければならないことです。
学ぶことがそのまま仕事につながる点では、非常に楽であると言えるでしょう。
この方法で当該資格の取得をしている人が多くいますので、資格取得者数が相応にいる状況です。
その分だけ競争が激しくなり、飽和状態になっていますから、取得した後のビジョンがない場合は厳しいことも想定しなければいけません。

pickup

健康とキレイの元は「姿勢」にありました。

岡山市 整体

賃貸茅ヶ崎のアパートや賃貸マンションなどの賃貸物件をお探しなら

茅ヶ崎の賃貸マンション案内

圧倒的な学習量と質を兼ね備えた万全の授業体制で受験生をサポートし、合格へと導きます。

医学部 予備校 東京

豊富な美容経験を活かし、お客様一人ひとりに似合うスタイルをご提供する溝の口の美容院

美容院 溝の口

茨木・茨木市の歯医者インプラントならお任せください

茨木市 歯医者

一宮市を中心に、ミセスデザインの新築一戸建ての分譲住宅「大成の家」を販売中

一宮市 不動産

節税に強い税理士による強力サポート。

税理士 大阪

久留米市の運転代行(代行運転)のポータルサイト

久留米市 運転代行

最終更新日:2016/7/8